2013.1表紙

KSネットHP 俳句の会 スケッチの会 デジカメ講座 毎日新聞万能川柳 地球の片隅で



8月の句会
日時 8月26日(土) 
場所 NPOセンター鎌倉
お題  「はしゃぐ」 2句
   「ラッキー 」2句
      「自由吟」 2句
 














 @第87回京浜川柳大会参戦!

 A吟行の模様 







7月会員賛同票
上位5

順位柳名賛同票数
遠浅人間52
えぼし47
柳の芽37
岡本住民 25
のうてんき20



会員賛同票(累積)
上位5

順位柳名賛同票数
遠浅人間52
えぼし47
柳の芽37
岡本住民25
のうてんき20
(2017年7月〜月)
(この点数はあくまで皆さんの賛同票を累積したもので 川柳の優劣には一切関係ありません。 ゲーム感覚でご覧ください。)



懐かしい昭和の音源

古き良き時代の懐かしい音源を 探してきました。お楽しみください。

♪♪そろばんチャチャチャ
(トニー谷)
♪♪となりぐみ
(徳山玉置/児童合唱団)




井上剣花坊の歌碑
(いのうえけんかぼう)


建長寺鐘楼の脇に建立

咳一つきこえぬ中を
天皇旗


井上剣花坊(いのうえけんかぼう)、明治3年山口県萩市に生まれる。 小学校代用教員を経て、新聞記者となり1903年、新聞「日本」に剣花坊の名で 新川柳の選者となり活躍。 狂歌と云われていた古川柳を、正岡子規が提唱した新俳句に抗するように新川柳を世に出し、川柳を 時代に乗せようとした。 川柳中興の祖と云われている。 1934年9月、脳溢血で倒れ仮遇の鎌倉建長寺で死去した。
歌碑の川柳は大正天皇御大典の時の句と云われている。 天皇旗を目の当たりにしただけで咳一つない静寂さの中でひれ伏す平民のの姿が目に浮かぶ。 天皇以外は皆平民で、自由であり平等である剣花坊の美意識が詠まれていると云う。
(出展 フリー百科辞典『ウィキペヂィア』、川柳革新の出発(石部 明)

かまくらシニアネット交流会
「川柳を楽しむ会」へようこそ

KSネット交流会の会員が川柳をとおして会員間の交流と市民活動をより豊かにするために立ち上げたサークルです。
会員の皆様どうぞお気軽にお立ち寄りください。精神衛生上素晴らしい効能がありますよ。




2017年7月定例会句一覧   (会員互選 ★秀句 〇入選句)
      
互選
作品 (宿題) 「手」
作者
 駅ひとつ手前で降りる健康法   岡本住民
 軽々と奥の手だけはすぐ出すな  鬼女蘭
 手が出ない安倍政権の裏の顔    のうてんき
 プロ将棋王手も言わず勝負つく      ベースマン
 カラオケで義理の付き合い拍手する   鬼女蘭
 藤井君打つ手打つ手が裏に出る    のうてんき
 人生は手相で決まるものでなし      柳の芽
 自動車は手動でないと動かない     えぼし
 手荷物は棚に上げたらまず忘れ     柳の芽<
 手拍子をずらしカラオケ止めさせる   遠浅人間
 奥の手はやはり諭吉の顔が効く  えぼし
 君が代に手拍子をする調子者     遠浅人間
 文春に手玉取られる著名人    ひか〜る
 牛乳ビン飲むときいつも手は腰に      ベースマン
 手がこんだ裏で応酬安倍疑惑    ひか〜る
 都議選で痛手を受けた自民党      柳の芽


         
互選   作品  (宿題 「付き合い」)   作  者
 付き合いの範囲ですよと買収し     のうてんき
 お付き合いなければ車買えたのに  ベースマン
 友達に特区を作り税を喰う    のうてんき
 付き合いと言い訳しつつ呑み歩く  柳の芽
 付き合える時間数えて飼うペット    遠浅人間
 葬式に出るか迷った付き合い度   遠浅人間
 付き合いは見て見ぬふりしぢっと見   柳の芽
 居酒屋で絆深める飲み仲間   えぼし
 無理と見栄はらぬ付き合い喜ばれ   岡本住民 
 被爆国米と付き合い核認め    ひか〜る
 このあたま付き合い過ぎて痴呆症  ひか〜る 
 付き合いの証しを試す奉加帳    えぼし
 群れている安心感ですすむ酒   えぼし
 金借りた付き合い悪し止むを得ず  鬼女蘭 
 付き合いが下手だと仲間いなくなる  岡本住民
 身内出来義理の付き合い無駄でなし   鬼女蘭
 百まではたっぷりあるよ我が余生   岡本住民
 美味い酒たっぷり飲んでメタボ腹   岡本住民


 
互選   作品  (宿題 「自由吟」)   作  者
 たっぷりと忖度ばかりご発言   のうてんき
 広大な空き地だらけのロシア知る   鬼女蘭
 本牧でヒアリ700ヒヤッとし     岡本住民
 怒らないはずだ補聴器外れてる   遠浅人間
 昼飯は総理も好きなモリかカケ   えぼし
 テレビでは松居のブログ大ヒット   岡本住民
 ファーストは聞こえは良いが自民党     柳の芽
 悲しいね明日も予定一つない   のうてんき 
 最初はグー次もグー出し負ける爺     ベースマン
 職場でのパワハラ減らすレコーダー    ベースマン
 夏の夕ビールがこの日ご褒美に   ひか〜る
 味よりは愛想で流行るラーメン屋  えぼし
 かいくぐり特価で買えてほくそ笑む   ひか〜る
 蚊の次は蟻に注意と騒ぎだす     柳の芽
 肩で風切ってた総理肩で息   遠浅人間 
 生息地ヒアリ広げるよう注意    鬼女蘭 


互選   作品  (席題 「川」)   作  者
 川の脇いずれ増水覚悟せよ    鬼女蘭
 川の字に早くなりたい若夫婦    えぼし
 川流れ材木流れ大被害     ひか〜る
 大雨で川が無くなり海になる      岡本住民
 どぶ川もリバーサイドと呼ぶホテル    遠浅人間
 洪水で川の魚は海へ行き    柳の芽
 易々と飛び越えられぬ向こう岸    のうてんき







川柳ゆかりの地



蔵前駅付近、三筋2丁目交差点の南東角に建っている石碑



川柳の創始者 柄井川柳(からい せんりゅう)の墓

辞世の句とされる「木枯らしや跡で芽を吹け川柳」

川柳の菩提寺、東京・蔵前にある天台宗龍宝寺
Copyright(C) 2008.8.2 yasushi fujita All Rights Reserved.  Since 2009.9.20